バーベキューの〆は鉄板で!やきそばエトセトラエトセトラ…

アウトドアでバーベキュー、おいしい焼肉を食べた後の締めに焼きそば・・・

もちろん鉄板で!最高ですね!!

私も大好きです。しかし、バーベキューに伴って発生する大嫌いなモノが「後片付け」。(料理は好きだが後片付けは嫌い派)

特に、コゲついた網と鉄板を綺麗にするのは一苦労。

「それもバーベキューの楽しみだ」と仰る人も居るでしょう。

しかし、キャンプのテント等の撤収と同じで、そこまで嫌いではないものの、“後片付け”は絶対的に“準備”よりモチベーションが上がらない。

そこで、昨今のエコブームの中で批判を覚悟して書くと、業務用の網200枚入りを買いました。丸型と角型、合わせて400枚。

送料を含めても、1枚単価20円以下。

網の使い捨ては確かにエコではないと思います。しかし、これを買うまでに、様々なタワシ、つけ置き洗い、業務用の洗剤(深夜の通販モノから、直接触れると皮膚がただれる超強力なモノまで)を試しました。

それでも、一度使った網を完全にピカピカの状態まで戻す事は難しいものでした。(特に「網目」が。網リサイクル型の焼き肉屋さんは凄いと思います)

タワシも洗剤もタダではない上に消耗品で、(特にキャンプでは)時間も無限では無いです。キャンプ場でそんな強力な洗剤を使うのもよろしくないですしね。

また、客人が居る場合等も、見た目及び衛生的な不安を与える事のない、新品の網の方がやはり気持ちいいでしょう。

・・・と、ここまでは実は長い長い前起きで、今回の記事はタイトル通り「鉄板」についてですが・・・長くなってしまったので、また次回ッ!!(ぉぃぉぃ

愛用の「コダワリ」キャンプ道具

  • チェア(これ以外のコールマンチェアはしっかりしているだけの印象に見えてしまう)
  • シングルバーナー(サイズとコストパフォーマンスは抜群、しかし鍋と料理を選ぶ)
  • テント1(ド定番スノーピーク。しかし、しっかりとした作りはさすが。設営時間が難点)
  • テント2(マウンテンスミス。軽量+超簡単設営。しかし夏向け仕様+カラーが難点)
  • ランタン(これまたド定番ジェントス。扱いやすさ最強、しかし雰囲気に妥協が必要)
  • 炭火おこし器(こだわりの炭ほど着火しづらい。これだけは忘れたくないアイテム)
  • 寝る時のマット(コットやエアは設営撤収に難あり。これは簡単で寝心地も妥協可)

同じカテゴリーの記事5件

最新記事5件

WEBMASTER

written by kei

もっとキャンプを広めたい!

九州北部のキャンプ場を紹介

(身)なキャンプを推奨♪

車がでもお手キャンプ♪

しかし…物欲はドロドロ沼ッ!?

スポンサードリンク

PAGES

CATEGORIES

SEARCH

RSS

Link